iPhoneにこんな加工できるの?

水に濡れても大丈夫!


iPhoneといえば、データは基本的にクラウド保存で、SDカードのような外部取り付けカードはなく、本体が壊れてしまうとデータが全て消えてしまいます。水没してデータが全てダメになったなんていう話もよくあります。でも実は、水没しないように気をつけるのはもちろんですが、防水加工をつけることも出来るんです。例えば、極細の粒子が水からiPhoneを守ってくれる防水スプレーがあります。指紋認証のTouch IDも問題なく使えます。残念ながら完全に防水してしまうレベルには対応していませんが、コーヒーをこぼしてしまったり、雨で少し濡れるくらいの生活防水レベルには問題ありません。もちろん過度な期待は禁物ですが、この防水スプレーをかけておけばちょっとした時に濡れてもiPhoneの心配をする必要はなくなりますよ。


これでiPhoneを落としても画面割れの心配なし!


iPhoneは、画面割れしてしまってもデータが取り出せないので本体変更をするのが面倒ですよね。だからなのか、街中では画面割れiPhoneを所持している人も多くいます。実はiPhoneの画面割れが起こる原因は、通常の保護フィルムの外の、iPhoneの液晶画面の一番端が割れて、その割れが大きく広がってしまうことにあります。そこで、端まで貼れる、ラウンドエッジ強化フィルムがオススメです。液晶画面が端からひび割れてくる可能性を抑えられますし、頑丈になります。買いたいけど値段が高すぎて買えない!なんていうこともないので、気になった方は調べてみてくださいね。もちろんこれも過度な期待は厳禁なので、なるべく落とさないように、液晶画面を傷つけないように気をつけてください。