大丈夫?あなたのiPhone

これで安心!iPhoneの防水加工術


携帯電話が普及した今、常に持ち歩いている人は少なくないでしょう。しかし、雨の日にぽろっと落として水没、起動しなくなってしまったという話もよく耳にするようになりました。
そこで、簡単に出来るiPhone防水術を二つご紹介します。
一番お手軽な方法は防水ケースを装着することです。ケースでiPhoneを密閉してしまうことで防水効果を得られる商品が多数存在します。簡単に着脱できるものが多く、値段も数千円程度と安価でありながら耐久性も確保できる点がメリットです。ただし、見た目が少々ゴツゴツしたものになってしまうのは避けられないようです。
見た目が変わるのは嫌だという人は防水スプレーをオススメします。iPhoneに専用のスプレーを吹きかけることによって防水効果が得られ、見た目が変わることもありません。耐久面はそのままで落下に注意しなければならないため、どちらの方法も一長一短であると言えますね。


それでも水没で故障してしまったら?


念には念を入れて防水対策をしていても壊れる時は壊れます。電子機器は総じて水に弱いものなので仕方のないことなのです。
iPhoneに記録されているデータが損傷してしまう原因として一番多いのが水没による故障だと言われています。しかし、応急処置のやり方によって復旧できる可能性も上がりますので、以下の方法を試してみるとよいでしょう。
水没してしまったら、まずはショートを防ぐために電源を切ります。その後、SIMカードを抜き取って水滴をふき取りましょう。iPhone本体の水分も忘れずに隅々までふき取ってください。ここでやってはいけないのがドライヤーなどで乾かす行為です。iPhoneは熱に弱く、事態を悪化させる原因になってしまいます。あとは、すぐに最寄りの修理店に駆け込みましょう。お店が遠い場合はオンラインで修理の申し込みをして端末を郵送するという方法もありますので、利用すると良いでしょう。